So-net無料ブログ作成
検索選択

青に赤 [山梨県]

水鏡編はまだつづきますよ。
場所を富士急沿線へ移しました(途中、御殿場線にも寄りましたよ)
今回は、富士急の新作です。「え?、まだあったの?」と思われるかも
知れませんがまだまだあります。
しかも、最初から水鏡です。富士急沿線の水田は田野倉から徐々に
標高を上げて最終的には今回紹介する付近まであります。田野倉駅が
392mですがそこから739mまで標高差350m。田植えの時期も1ヶ
月近く遅くなります。桜と同様に長期間にわたって楽しめますね。

富鐡百景(146) 富士急行葭池温泉前−寿
645Z9984.jpg
夕方に側面に陽が当たりますが半逆光になります。山が近いので17時前
にはもう線路に陽が当たらなくなってしまいます。撮影地に着いたのは
まさに、陽が陰ろうとする時。警報器は鳴り始めていたので大慌てで
手持ち撮影したのがこれです、

朝は、始発の時間では既に側面は影です。水鏡を撮るには非常に
時間が限定される場所です。

645Z0056.jpg
朝は雰囲気が良いのですが、顔にしか陽が当たりません。線路の向こ
う側も水鏡は狙えますが、富士は奇麗に写りません。上り始発は富士急
の車両ですが、その後来る2本はJR直通が来ます。以前は201系だった
列車です。


おなじみの場所もこの時期は... [静岡県]

 富鐡百景ではおなじみの場所も季節や時間で見える景色がかわります。
今回紹介する場所も、冬は定番撮影地として有名です。ここが、水田だと
いうことに気付けば、見える景色が広がっていきます。
 富士山風辺でしか撮影は、難しいのですがGW前後から始まる田植えに
備え水の張られた水田地帯の風景はまさに圧巻ですね。水田の水を鏡替わ
りにする水鏡も楽しめます。

水鏡撮影の奥義は早朝、又は夕方の凪の時間が狙い目。ということで、
深夜に起きて早朝4時半に沿線に着いての撮影でした。まだ代かきが十分
では無いのかやや水面が汚いですが

伊豆箱根鉄道駿豆線三島二日町-大場
PENTAX 645Z + FA645 80-160mm/f4.5
645Z9888.jpg