So-net無料ブログ作成
検索選択
神奈川県 ブログトップ
前の10件 | -

松田近辺 [神奈川県]

JR東海御殿場線松田、小田急電鉄新松田近辺から酒匂川下流
方面は富士山が見える絶景路線です。酒匂川を渡る小田急の鉄
橋も有名な撮影地ですが、その鉄橋の数百m下流で酒匂川に合
流する川音川と言う支流があります。
そう、あの富鐵百景でも紹介した小田急の川音川鉄橋の川音川
です。その、小田急から数百m下流に行くと今度は御殿場線が
川音川を渡ります。鉄橋は、上路ガーター橋なので車両も足回
りまでスッキリと撮れます。

普段は331系か211系しか通りませんが、たまに変な?列車が
通ります。

富鐵百景(135) 御殿場線相模金子−松田 371系回送列車
645Z2035.JPG
御殿場線80周年を記念して走った急行列車の松田駅への回送
です。このイベントを持って、371系は運用を外され、富士急
へと旅立って行きました。
完全な最終運転では無く3連休の一連のイベントの2日目でし
た。


さよなら南武線205系 [神奈川県]

いよいよあと1ヶ月で南武線205系は運用を離脱します。海外譲渡
のHM掲出も今日まで?ということで、南武線205系の富鐵百景を
紹介して、205系引退へのはなむけとしたいと思います。

南多摩−府中本町
_IGP6417.JPG
2014年の正月の撮影です。初日の出を見ながらの撮影。初日の出
を浴びて車体を光らせて走り行く205系でした。

武蔵中原駅
IMGP1170.JPG
武蔵中原駅の川崎方はホームの下を中原街道が通っています。その
街道の西を望むと、富士山が見えます。シルエットの時間は街道を
行く車のテールランプも加わり良い雰囲気になります。来たのは
中間車から改造された1200番代。独特の顔が特徴的です。

武蔵中原駅・2
_IMG5434.jpg
先日紹介した写真リベンジです。本当に奇麗な青空の中でくっきり
と写る富士山。この情景を見た事を忘れずにインドネシアでもがんばっ
て欲しいです。

来年1月9日にはさよなら運転もあるようです。

タグ:205系 南武線

南武線E233系 [神奈川県]

私の地元の路線であり、かつ富鐵百景のきっかけとなった南武線。富鐵
百景で有名なのは多摩川橋梁を渡る列車を是政橋から撮る構図が有名で
す。撮り始めた頃は、103系、205系、209系の3形式でした。が、や
がて103系が居なくなり、今まさに居なくなりそうなのは205系、209
系です。彼らがいなくなれば、南武線はやっとE233系という単一形式で
の運用となります。
その205系の最後を納めようと葬式鉄がうようよしはじめています。
富鐵百景としては何度も撮っていますが、HM付となれば話は別です。
ただ、多摩川橋梁でHMを見せるのは難しいので、もう一箇所の武蔵
原駅で撮ってます。残念ながら、初回:コントラストが無い、2回目:
2番線に入線ということで、次で撮らせていただけるのかな?と期待
してます。HM無しのシルエットなら前に掲載していますのでそちらを
ごらん下さい。

で、そのついでに撮影したE233系を掲載します。
_IMG5263.jpg
武蔵中原駅

今の行き先表示は「南武線」と「行き先」を交互に表示するのでこの
南武線表示を。

コントラストが無いので(本当は、PLフィルターを忘れただけです)
すが、公開しちゃいます。
_IMG5154.jpg
205系ナハ39編成 「海外譲渡HM付」


京浜工業地帯のど真ん中 [神奈川県]

 今日は2/23。富士山の日です。残念ながら、朝から雨、昼には晴れ間も
出ましたが、富士山を見ることは叶わなかったようです。そんな、報道も
ほとんどありませんね。富士山の日の富鐡百景を紹介しましょう。

 JR鶴見線といえば、京浜工業地帯のど真ん中を走り、平日は工場労働者
で賑わいますが、休日は都会のローカル線という風に紹介されますね。土
日も途中の鶴見小野までは乗車はいますがその先は、一気に人が減ります。
そんな、鶴見線からの富鐵百景になります。

富鐡百景(119) 鶴見線鶴見小野-弁天橋
_IGP5778s.jpg

以前、山北町で開催した、富士山と鉄道写真展 で、教えてもらった場所で
す。以外と大きく見えてびっくりしました。ちょうど、線路の直線の延長
上に富士山があり、高い建築物がないので見えるのです。撮っている人もほ
とんどいない、穴場の撮影場所です。時期は調べていませんが、ダイヤモン
富士も見られるはずです。多分、夏至近くなんだと思いますがw


タグ:鶴見線

京急随一の富鐡百景 [神奈川県]

京浜急行品川から三浦半島に沿って、浦賀、逗子、三崎口へと延びていますが、
富士山となると、意外にもあまり見える場所が少ないです。品川からの高架でも、
所々に見える場所はあるのですが、写真に撮れるような場所が無く、また、鶴見
近辺も同様の結果です。

結局、一番見えるのが、三浦海岸−三崎口の鉄橋になります。
富鐡百景(97) 京浜急行三崎口−三浦海岸
IMGP6213.jpg
PENTAX K-5IIs DA★50-135mm/f2.8
新1000形も大分見慣れてきました。

鉄橋全体を撮ると、8両すべてが収まります。
IMGP6246-0e818.jpg
2100形ですね。

残念ながら、ここには800形は来ないようです。
京急の赤と青空のコントラストが奇麗な良い場所でした。

タグ:京浜急行

大分景色が変わりました [神奈川県]

以前勤めていた会社は、神奈川県内に事業所が2ヶ所あり、事業所間を
良く行き来していました。その時に利用したのが相模鉄道でした。まだ、
開発が進んでおらず、いずみ野線もいずみ中央駅までしか開業していま
せんでした。二俣川を過ぎると長閑な田園風景がまだ広く残されて、冬
は富士山が見えたものです。

そんな記憶を元に探しました。
富鐡百景(96) 相模鉄道瀬谷−大和
IMGP5443.jpg
PENTAX K-5IIs DA★16-50mm/f2.8
持って出たレンズがこの広角ズームと望遠しか無く、もう少しズームで寄せた
かったのですが、やむなくトリミングしています。

相鉄も車両のバラエティさはそこそこありますね。
IMGP5427.jpg
今はこれがメインですかね。E231系と同じだった記憶があります。

これで、富鐡百景として、JR以外の私鉄は以下の会社を撮り終えました。

京王電鉄、京成電鉄(正確には成田スカイアクセス)、西武鉄道
小田急電鉄、東急電鉄、富士急行、伊豆箱根鉄道(駿豆線、大雄山線)
ディズニーリゾートライン、岳南鉄道、秩父鉄道

富鐡百景もあと4景。すでに、2景は既に撮り終えてます。

タグ:相模鉄道

乗客は気付かない秘密の富士 [神奈川県]

神奈川県中央部を横浜から八王子までほぼ北西方向に走る横浜線は、通勤・通学の
足として無くてはならない路線です。かくいう私も、電車通勤している時は利用し
ていました。優等列車が走らないので面白みに欠けるのですが(おいおい)

丘陵地帯に入る東京都下の区間を除くと車窓からは富士山を垣間見る事ができます。
しかしながら、今回紹介する場所。車内からは見えません。一部のがぶり付で見て
いる方以外は気付かない。でも、素晴らしい富士山を眺める事ができます。

富鐡百景(95) 横浜線鴨居−小机
645D0014.jpg
PENTAX 645D M★67 400mm/f4 ED
もう少し早ければもっと紅かった赤富士。6時台でも平日だとまだ列車の本数は少ない
です。線路には陽が当たりません。これが予想外でした。

車両にきちんと陽が当たるには9時くらいまで待つ必要がありました。
645D0082-8c8b1.jpg
PENTAX 645D FA645★ 300mm/f4 ED + 2xテレコン

横浜線の205系も2014年度からE233系に順次置き換えることが既に発表されていま
す。205系の記録は御早めに。でも、ここで撮りたいのは185系はまかいじかな...

百景まであと5景

タグ:横浜線

今季、初富鐡百景はあのカメラで。 [神奈川県]

東海道本線を西へ向かう際に車窓(山側)を見ているとチラホラと富士山が見え隠れしますが、線路際に高い建物が多く目を凝らしていないと見えない事が多いですよね。藤沢を過ぎると辺りは長閑に畑が広がり始め、安定して富士山を拝めます。
徐々に大きくなってきますよね。そんな東海道本線には富鐡百景がいくつかあります。平塚−茅ヶ崎を流れる相模川を渡る馬入橋では撮れないのですが、その近くに有名な撮影地、中島踏切があります。ただし、富士山と撮れるアングルは定員2名ほどと大変狭い場所ですが、朝は、貨物線を行く様々な列車と旅客線を行く普通列車を撮れます。

富鐡百景(93) 東海道本線平塚−茅ヶ崎
IMGP4710.jpg
すっかり、この区間も桃太郎だらけになりましたね。せめて、EF66 100番代とかでも来れば...撤収した途端にEF65 PF更新色赤プレートが来たのはがっかり...

IMGP4711-a08c4.jpg
順序は逆かな?東海道の顔かと思っていましたが、気がつけばE233系を多く見るようになりました。
この時間はまだ日の出前でした。ここは、車で行っても近くに停める場所は皆無なのですが、今回メインの次の写真の列車であれば朝一番のバスに乗れば間に合います。私も、平塚駅近くのコインパーキングに駐車してバスで移動しました。

IMGP4731-fe0e5.jpg
この日のメインはこのサンライズ瀬戸・出雲。丁度、朝日が当たるタイミングに通過するのは今のタイミングです。

今回撮影機材:PENTAX K-5IIs + DA★200mm/f2.8

ローパスレスのK-5IIsの解像感予想通りでした。この解像感は使用レンズによる(この辺りがPENTAXは種類が少なくつらいところ)ものもあるのでしょうが...
新しいAFユニット SAFOX X 。2枚目のような暗さでもしっかり合わせてくれました。
それ以外は大きく変わっていないですね。今回のように、三脚が立てられないような場所ではK-5の出番になりそうです。

富鐡百景:100景まであと7

あの直線を俯瞰する [神奈川県]

富鐵百景(81)で紹介した、小田急電鉄秦野−渋沢の富士山へまっすぐ進む
ストレート。今回は、ここを俯瞰してみましょう。

富鐵百景(86)小田急電鉄秦野−渋沢
IMGW0462.jpg
645D FA☆645 300mm/F4 ED

この日、秦野近辺は雪雲に覆われ小雪の舞う状態。富士山が見られなくても
初めて行く撮影地の状況を確認できれば良いと言う判断でしたが、日が昇る
につれ、薄いベールに包まれた姫が見え始め、あさぎり通過時にはすっかり
晴れました。風も穏やかで寒い思いをせずにすみました。
こんな状況なので、ここには富士山撮影を含めてもだれもいませんでした。

この後、山北町へ向かい、あさぎり写真展に行きました。その前に、東山北
駅で、あさぎりRSEを
1D2N9393.jpg
EOS-1D2N CarlZeiss Planar 135mm/f2

あと、14!

タグ:小田急

小田急線内の371系あさぎりその2 [神奈川県]

小田急線内での富鐡百景は、先に紹介した秦野−渋沢以外に何ヶ所かあり
ますが、あさぎりと絡められるのはここが最西端になります。この先は
渡り線を通り、御殿場線へとは行って行くためです。小田急側のRSEは、
特急はこね、さがみの運用がある為に、まだ小田急線内で富鐡百景として
撮れる場所はありますが。

一度、シルエットで撮りましたが、やはり朝も撮りたくなり2回訪問し
ています。

富鐡百景(83) 小田急小田原本線 渋沢−新松田
IMGW9996s.jpg
645D A-645 80-160mm/f4.5
この日は昼間は人身事故で本線に顔を出せなかったのですが、夕方には平常ダイヤ
に戻り無事撮る事が出来ました。
でも、やはり青空バックに撮りたい...

IMGW0120-69bb7.jpg
645D FA☆645 300mm/f4 ED
同じアングルではつまらないので、縦アングルにしました。

両日とも、様々な車両が目白押しでした。
前の10件 | - 神奈川県 ブログトップ