So-net無料ブログ作成
検索選択

多摩川最上流の鉄道橋 [東京都]

今年もシーズンが始まりました。冨鐡百景も活動開始です。
以前、発刊された佐々倉実さんの著書「富士鉄」に私も協力した
話はしました。今回は、その本に載っている場所です。以前、知り
合いが福生にいたので富士山が見えるのは知ってましたが、足が
遠かったですね。途中の熊川には、石川酒造という酒蔵がありま
して、中の和食&イタ飯のレストランが美味なんです。ここの酒蔵
で作られた地酒やクラフトビールも絶品です。
そんな、五日市線の熊川-東秋留に多摩川鉄橋があります。その
左岸側からの冨鐡百景です。行くと、河川敷には雑木林のごとく樹
が成長しクリアに抜ける場所はないのです。苦労の末撮ったのが
今回の作品になります。

富鐡百景(136) 五日市線東秋留-熊川
IMGP5222.jpg


富士山駅開業5周年 [山梨県]

どちらのブログの記事にしようか迷いましたが、こちらに書きます。

富士急行の富士吉田駅が富士山駅に改名して5周年になるのを記念して
イベントとヘッドマーク装着がされています。そのヘッドマークがマニア
ゴコロをくすぐるので、これは行かねばと、行ってまいりました。

富士急といえば富士吉田駅にナハネが保存展示してあるくらい富士には
こだわっています。ということで、5周年のへっどまーくも...

_IMG3402.jpg
ジャーン。どっかで見たヘッドマークですね。本物はもっとかっこいいで
すよ。裾野はちゃんと弧を描いてますしね。

で、これだけではないのでした。

_IMG3423.jpg
幻と言われる赤富士ヘッドマーク(を模した)ですよ。もう

しかも、これがこいつにも付いているとなっちゃもう大騒ぎ?
_IMG3616.jpg
ということはなかったようです。

このヘッドマーク売りに出したら買っちゃうかも(笑

有名撮影地の水鏡 [山梨県]

昨年ありがたくも入選と富士急フォトコンテスト。今年も開催すると言う
案内をもらいました。9/30まで受付です。是非、挑戦して見てはどうで
しょう?

昨年の優秀賞は、有名撮影地がんじゃ踏切近くでの、フジサン特急と
富士山が水田に写る水鏡の作品でした。私も、同じような写真を撮ろうと
思っていたのですが、先を越された感じです。富士山駅誕生5周年記念の
イベントを見に行った時には既に田植えが終わってました。が、まだ植え
て10日ほどくらいで水が見えていたので、強引ながら撮ってきました。

富士急行三つ峠-寿
IMGP3448.jpg
この脇に株式会社スワがあります。その従業員用駐車場が手前にあるの
で平日でも朝早い時間しか撮影できません。少々、苗が伸びてしまいま
した。これは来年の課題ですね。

注意:この時期早朝にいくとブヨの大群に襲われるので注意。可能な限
   り肌の露出は避けましょう。ブヨに咬まれると蚊の比では無い位
   大変ですよ(経験者)


夜の水鏡 [静岡県]

GWは写真展に忙殺され、休む暇も無くひたちなか海浜鉄道8周年
の写真展を行って、さらに由利鉄へ写真展の展示写真、機材一式を
引き上げてきてやっと自分の時間が持てた感じです。新兵器導入も
いろいろやってますが、最初はやはり富士山でと思っ ていました。
場所は、GWに水が入る御殿場線狩屋踏切。今、パレット御殿場は
改装工事中なのでグランド照明は点かない恰好のチャンスです。
夕方ここに来ると何やら人が多い。ダイヤモンド富士がここから見
えるそうであとからぱらぱらと人が増えましたが、日が沈むといつ
もの光景に。

IMGP0238.jpg
特急あさぎりもまだ明るい時間に撮れるようになりました。

IMGP0251.jpg
陽が落ちるころ普通列車が来ます。これ、K-1+15-30mm/2.8の
撮影ですが、アングル液晶を用いて水面ギリギリで手持ち撮影をし
ました。

IMGP0264.jpg
ブルーモーメントの時間もなんのその。高感度にも強い所を魅せ
てくれました。 この後も撮影したのですが、霞んできてしまった
のと、暗くなり見えなくなり終了しました。

松田近辺 [神奈川県]

JR東海御殿場線松田、小田急電鉄新松田近辺から酒匂川下流
方面は富士山が見える絶景路線です。酒匂川を渡る小田急の鉄
橋も有名な撮影地ですが、その鉄橋の数百m下流で酒匂川に合
流する川音川と言う支流があります。
そう、あの富鐵百景でも紹介した小田急の川音川鉄橋の川音川
です。その、小田急から数百m下流に行くと今度は御殿場線が
川音川を渡ります。鉄橋は、上路ガーター橋なので車両も足回
りまでスッキリと撮れます。

普段は331系か211系しか通りませんが、たまに変な?列車が
通ります。

富鐵百景(135) 御殿場線相模金子−松田 371系回送列車
645Z2035.JPG
御殿場線80周年を記念して走った急行列車の松田駅への回送
です。このイベントを持って、371系は運用を外され、富士急
へと旅立って行きました。
完全な最終運転では無く3連休の一連のイベントの2日目でし
た。


寛斎meets富士山 [千葉県]

以前にも京成スカイライナー新AE1は、世界的なファッションデザイナー
山本寛斎の手による流麗なデザインが特徴の車両です。速度も、国内在来
線最度レベルの最高速時速160km/hで走る特急です。
富鐵百景でも2箇所ほど取り上げています。今回は、本当なら一番最初に
取り上げるべき場所だったのですが、中々旨く撮影が行かずこんな時期に
なってしまいました。

富鐵百景(134) 北総鉄道新鎌ケ谷駅下りホーム先端
_IMG8479s.jpg
この日は、日暮里舎人ライナーを撮影後に向かっています。円偏光フィル
ターを忘れたのでコントラストが厳しいですが、何とか見えると思います。
ただ、事業用車が目立ちすぎてしまいますね。

_IMG8550s.JPG
一旦帰宅して、夕方に再度訪問して撮影したのがこちらです。
事業用車が目立たなくなりました。こちらの方がお勧めです。

ところで、この事業用車の止まっている場所。京成本線と繋がる前に新京
成に乗り入れていた時の渡り線の跡だそうです。その新京成線も、同じ新
鎌ケ谷駅は高架工事中です。完成した暁には、新京成のホームからも富士
山が見えるようになるかも知れません。

ところで、この写真にはある秘密があります。わかりますか?

富鐡百景最高地点 [山梨県]

富鐡百景も130景を超えます。100景を達成した時に記録した、最東西南北端はその時から変わっていません。富鐡百景で紹介した都道府県は、関東の一都六県に山梨県、静岡県、長野県とあります。
今回紹介するのは、国土交通省関東整備局が制定した「関東富士見百景」にも掲載されている場所になります。
日蓮宗総本山久遠寺、身延山の頂上1153mにあります。眼下を流れる、日本3大急流の一つ、富士川に沿って走るのはJR東海身延線です。さすがに、この高さになると豆粒にしかなりませんし、走る車輌がステンレスなので存在が薄いです。陽光を旨く利用して輝くタイミングで狙っても存在感が薄いです。でも、耳を澄ませばジョイント音も聞こえますし、立派な富鐡百景です。

富鐡百景(132) 身延線塩之沢−波高島 特急ワイドビューふじかわ
645Z8700.jpg
どこにいるかわかりますか?

そして、富鐵百景では初の鋼索線です。
富鐵百景(133) 身延山ロープウェイ 久遠寺−奥之院
645Z8676.jpg
よくわかりませんが、デザインは水戸岡鋭治さんです。駅舎も同様のコンセプトでデザインされてました。これ、撮り直しいつかします。

ここでは、年2回ダイヤモンド富士観賞会を開催してます。パワースポットの富士山、身延山、朝日の3パワーを一度に吸収できるのでお得だそうです。
http://www.minobusanropeway.co.jp/blog/news/2016年3月第28回ダイヤモンド富士観賞会のお知らせ.html



富士山の日 [東京都]

本日、2/23は語呂合わせから富士山の日です。

2016/2/23 ということで、こちらも語呂合わせで行きましょう。
頭の20は無視して16/2/23=イロフジサン
イロものの富鐡百景を探して見ました。

_IGP4638.JPG
小田急電鉄 経堂駅

ステンレス車体が構内信号の赤色に染まった後ろにシルエット富士

Railway Graphic D.E.F. 写真展 「鉄道風土記 〜水物語〜」は本日16:00まで
です。富士山の日を記念して、受付で富士急カレンダー、富鐡百景のL版写真を
差し上げます。共に数に限りがありますので、お早めにいらして下さい。


特徴的な橋と共に [東京都]

日暮里と舎人を結ぶ舎人ライナー。新交通システムで運行され、高い
高架区間を走るため見晴らしが良い鉄道です。特に足立小台を過ぎる
と荒川を渡り視界が開けてくるときは乗っていて気持ちが良いですね。

と書きましたが、この取材のために実は初めて乗りました。ゆりかも
めと同様に小柄な車輌ですが、結構乗っている方々がいて地域の足と
して根付いているようでした。

沿線は舎人公園や見沼親水公園などの公園もあるのでこんどはそこへ
も行って見ようかと思います。

富鐡百景(131) 日暮里舎人ライナー 足立小台−扇大橋
_IMG8404.jpg
特徴的な鋼製アーチ橋の荒川橋梁。そのしたにはちょこんと富士山
みえます。いろいろとアングルを変えたりして撮影していました。
何せ10分置きくらいに列車は来るのでいろいろと試せるのです。

個人的にベストなのはこれかな
_IMG8454.jpg
特徴的な橋脚の一部を切り取ってズームにして見ました。
国道を走る自動車に冷や冷やしながらの撮影ですが、本数が多いので
何度でも試せます。


マンションが... [山梨県]

富士急行は富士の麓を走るだけ有り富鐡百景には事欠かないのです。
が、そろそろ打ち切りかも知れませんね。今回は、お気軽な撮影
所です。今時分は、2000系の引退で大騒ぎだと思います。さすがに
ここで撮る人は皆無でしょうね。

富鐡百景(130) 富士急行禾生駅
_IMG7471.jpg
やって来たのは、1000系京王色。アイボリーに赤い帯が高級感を
醸し出してます。この日は、他にレトロカラー、赤いカラーが走っ
てましたが、富士登山電車はお休みでした。

ごらんのように、禾生駅の跨線橋からの撮影です。架線柱と架線の
処理に悩むのと、午前中10時くらいまで顔に陽が差します。
レンズは、35mm換算で100mmもあれば十分です。この写真
90mmになります。